美容整形による輪郭形成でエラのコンプレックスが解消できた

入念にケアはしているけれど

あご整形・あご輪郭の美容外科美容整形人気ランキングナビ

入念にケアはしているけれど | 発達した筋肉が原因だった?! | 定期的に受けると効果が持続する

フェイシャルケアには気を付けていて、エステサロンに通ってメンテナンスをしたり、セルフケアでも入念に美顔器を使ってケアをしたりと、気を使ってはいますが、自分の顔にコンプレックスがありました。
それが、エラです。
エラが張っていて、ホームベースのような感じになっているのがとても気になっていて、横の髪の毛でいつも隠している状態でした。
お化粧で小顔に見えるように工夫をしたり、あとは本当に隠したりする位しか方法が見つからず、いつも鏡を見るたびに悲しくなっていました。
そこで、最近色々調べていると、美容整形による輪郭形成の方法があることを知りました。
テレビなどで骨を削ったりして、大掛かりな手術をしたりしていて、コンプレックスを解消している方もいて、そういった情報はありましたが、ダウンタイムも流そうでしたし、骨を削るというのがどうしても怖くて、自分がその手術をしようという気にはなりませんでした。
しかし、私が気になったのは、プチ整形による方法でした。
エラボトックス・ボツリヌストキシン注射というもので、筋肉の動きを和らげる効果があります。
骨格自体が出っ張っていてえらが張っている場合には、この注射はあまり効果が無いのですが、筋肉が必要以上に発達している場合には、効果があるというものです。